企業でデータリテラシーを推進する方法

データ・リテラシー レポート

組織全体に分析の力を取り入れて拡張する企業は、デジタル世界におけるリーダーとなるでしょう。しかし、デジタル変革の取り組みは、データリテラシーの欠如によって抑制されています。

MITによると、データリテラシーとは、データを読み取り、処理し、分析し、議論する能力です。それはあらゆるレベルの労働者がデータと機械に正しい質問を行い、知識を築き、意思決定を行い、他の人にその意味を伝達することを可能にするスキルです。

それにもかかわらず、新しい研究は、ビジネスをリードする人々がそれを習得するのに苦労していることを示しており、データの信頼性に対する広範囲な欠如が存在します。

これは、今日のアナリティクス経済において、自らの主導的地位を築くことを妨げるだけでなく、組織全体でデータ文化の変化を推進する能力を妨げています。そして、世界の企業がデータが競争の新たな基盤として洞察を導き出し、市場で勝とうとしている新しい時代においては、この増大するスキルのギャップが成功を阻んでいます。

このレポートでは、Qlikは企業全体のデータリテラシーに関する新しい洞察を明らかにしました。また、個人的な成功を達成し、かつてないほどの経済的機会を利用するために、企業やすべての従業員にデータ、ツール、および学習機会を強化・支援する方法についての実用的なアドバイスも提供しています。

レポートを読む