Manufacturing Analytics

Transform your business with a data-driven approach to industry 4.0 and faster, fact-based decisions. Qlik helps manufacturing organizations use data to optimize processes, improve supply chain agility, and better serve the modern customer.

Explore Manufacturing Analytics

Digitalization creates a step-change opportunity for operational improvement and innovation

Industry 4.0 and IoT deliver the machine and product performance that manufacturers need to improve operations. Qlik ensures faster time-to-value and streamlined processes by surfacing highly accurate and groundbreaking insights across the entire product lifecycle.

Improve production throughput

Analyze Overall Equipment Efficiency (OEE) easily to understand uptime at each production site and improve throughput. Qlik’s associative technology brings together all key machine-level data, such as availability, performance, and quality, so manufacturers can determine which factors are improving or worsening and which have the greatest operational impact.

  • 工場運営を的確に把握する

    重要な KPI すべてについて、実績値と標準値を視覚化しましょう。Qlik は、完了した注文あたりの歩留まりやスクラップ率から、機械の稼働時間や作業指示の量まで、あらゆるデータソースを分析します。
  • IoT データを活用して革新し続ける

    BMWグループは Qlik を使用して、機械で生成されたデータを活用しています。工場のスプレー塗装ロボット、整備中の自動車の診断出力など、データの出所はさまざまですが、BMWグループは現在、将来の「顧客価値の高いプロセス」を開発するために必要な洞察を得ています。
  • 複雑な製造データを理解する

    Qlik が製造データを活用することで、どのように根本原因を特定し、販売機会を見い出しながら、製品やサービスを革新し、競争力を強化しているかをご覧ください。
  • 状況に応じて品質の問題を把握する

    Terex 社が製品の "欠陥ゼロ" という方針を実現するために、Qlik を使用してどのように品質データおよび根本原因の分析を実行しているかをご覧ください。

Explore top manufacturing analytics resources

EBOOK

製造業で変革を実現するアナリティクス トップ 10 シナリオ

VIDEO

事後対応から事前対応へ - Quooker 社が Qlik を活用してサプライチェーンの俊敏性をどのように強化したか

EBOOK

モノのインターネット: 情報からインサイトへの移行

Supply Chain Visibility (SCV) is core to managing complex enterprise ecosystems

Manufacturers must overcome supply chain complexity to ensure multi-channel, demand-driven inventory availability and pursue after-market opportunities. This requires harnessing data from disparate data sources both internal and external to the company. Qlik can connect directly to ERP, SCM, Forecasting, MES, and other internal systems, as well as external data sources like third-party logistics and consumer demand/sentiment — with no data warehouse required — to guide decision-making and surface potential supply chain issues.
  • サプライ チェーンを管理して、顧客へのサービスを改善する

    Qlik の連想エンジンにより、社内または社外のデータソースでも、あるいはビッグデータでもスモールデータでも、サプライチェーン全体にわたるデータソースの探索が容易になります。また、サプライ チェーンをあらゆる側面から迅速に検索および分析し、より優れたインサイトを獲得できるため、組織がより的確に動的な顧客トレンドに対応できるようになります。
  • 販売と事業計画 (S&OP) の合理化

    S&OP プロセスでは、複数の財務目標の統合、時間の経過に沿った販売時点管理の実績値の追跡、未出荷注文の監視、および予測の構築が行われます。Qlik のデータ インデックス技術では、各種システム (財務、事業、売上など) から取得したデータを独自に組み合わせて、この S&OP プロセスの簡素化と迅速化を推進します。
  • サプライチェーン・エコシステムを完全に可視化

    Tier1 レベルの自動車メーカー BorgWarner 社が Qlik をどのように活用して、サプライヤーの品質、コスト、パフォーマンス データを複数レベルで可視化し、20 か国、80 事業所で製造の稼働時間を最大化しているかをお読みください。
  • まったく異なるデータを利益率の高い成長の推進力に変換

    Qlik は、よりスマートなアナリティクスを通じてサプライ チェーンを可視化し、さらに制御できるように、数千社の企業を支援しています。エコシステム全体のインサイトを改善すると、サプライ チェーンのリーダー企業が、可用性、品質、コストの点で最適なバランスを維持し、利益率の高い成長を推進できます。

When it comes to modern innovation, consistent customer engagement is the key

Today’s customer has access to information to instantly compare almost any competing goods or services. Manufacturing companies that can understand customer sentiment and preferences — responding in line with rapidly shifting demand — will be the ones that drive innovation, capture market share, and deepen customer loyalty.
  • 需要の移り変わりをリアルタイムで把握して対応

    WD-40 社は、セルフサービス アナリティクスで販売時点管理データを活用しながら、Qlik を使用して、需要をさらに正確にリアルタイムで把握し、顧客トレンドの可視性を向上させています。また、競争圧力に事前対応する体制を維持しています。
  • 自動車ディーラーの業績を把握する

    自動車ブランドを提供するメーカーは、社内と社外の多様なソースから得られるデータを互いに関連付ける必要があります。Qlik によって自動車ディーラーの業績に関する可視性と分析がどのように大きく改善したか、また、これが独自の販売パターンを発見し、顧客の需要プロファイルをより的確に理解するうえで、どのように役立っているかをご覧ください。
  • 機能横断型の改善を推進する確固たる根拠の提供

    Sony 社は Qlik を使用して、複数のチャネルにまたがる顧客の行動と製品の実績に関する知識を深めてきました。ここから得られたインサイトを活用して、Sony 社はマーケティング、営業、顧客インサイト、管理部門、財務、会社直系の小売店などのビジネス分野を強化しています。
  • 顧客サービスとコールセンターの効果の測定

    Qlik は、1 つのアナリティクス アプリで、顧客サービスの運用に関する包括的な可視性を提供できます。最高の実績に関するデータを簡単に追跡しましょう。サービスに関する問題の傾向、チャネルの動的変化、チケットの解決などの情報をすばやくドリルダウンして、運用の詳細を確認してみてください。そして、特定の拠点やエージェントが、問題をどのようにタイムリーに解決しているかを測定しましょう。

Learn more about our analytics solutions for manufacturing.