Qlik 認定と適性確認

Qlik Sense、QlikView、データアナリティクス、およびデータリテラシーの知識とスキルを検証
  • 認定と適性確認

    認定とは Qlik Sense、QlikView、データアナリティクス、データリテラシーに関する専門家レベルの試験です。適性確認とは Qlik Sense のユーザーのみを対象とした基礎レベルの試験です。

    Qlik Sense 認定試験と QlikView 認定試験は Pearson VUE 社が監督する環境で実施されます。Qlik Sense 適性確認、データリテラシー試験、データアナリティクス試験は Qlik Continuous Classroom で実施されます。

  • 試験の準備

    以下の各試験を受験するには、「受験の前提条件」に記載されている経験を積み、すべての「準備のための推奨リソース」に習熟し、実務経験に役立つトレーニングを受講してください。最後に、「試験トピック」を学習ガイドとして使用してください。試験問題はこのトピックから出題されています。

  • 資格の管理

    Qlik 製品認定の表示と管理には、Qlik CertTracker を使用します。Qlik CertTracker へのアクセス権は、Pearson VUE の Web サイトにアカウントを登録すると取得できます。試験に合格したら、Qlik CertTracker にアクセスして正式な認定ロゴをダウンロードし、証書を印刷して、取得済みの資格を第三者に伝えることができます。

    Qlik Sense 適性確認、データリテラシー認定、データアナリティクス認定については、Qlik Continuous Classroom のプロファイルに証書とバッジが保存されます。

Qlik Sense ビジネスアナリスト認定

Qlik Sense ビジネスアナリスト認定試験では、要件の特定、アプリケーションの設計、データの準備とロード、アプリケーション開発の能力を評価します。この試験では多肢選択式の問題が 50 問出題され、解答時間は 2 時間です。

    • Qlik Sense で実稼働環境品質のアプリケーションを実際に開発した経験
    • マスターライブラリ用に軸、メジャー、オブジェクトを作成した経験
    • ユーザー体験の理解、ベストプラクティスの設計、およびビジュアライゼーション構築の経験
  • 要件の特定 (試験の 20%)
    • Qlik Sense の機能 (スマート検索、レスポンシブデザイン、緑/白/グレー/薄いグレーを用いた強調表示、API、拡張機能、Web マッシュアップ、ブックマーク、ストーリーなど) から得られるメリットの説明
    • Qlik プラットフォーム内で実現のために対応する必要があるビジネス要件の説明
    • 要件に基づいた KPI、軸、メジャーの特定
    • ビジネス要件を満たすためのセキュリティオプションの選択
    アプリケーションの設計 (試験の 22%)
    • ビジネス要件を満たすために必要なビジュアライゼーションの決定
    • ビジネス要件を満たすために必要な方法の決定
    • ビジネス要件を満たすために必要なシートの決定
    • 全体的な流れをユーザーに提供するためのアプリケーション内のシート順序の選択
    データの準備とロード (試験の 18%)
    • ビジネス要件を満たすために必要なデータソースの特定
    • データマネージャーを使用して基本データモデルを作成するステップとオプションの決定
    • 与えられたシナリオでの基本的なデータモデリングの問題解決
    アプリケーションの開発 (試験の 40%)
    • 使用可能なビジュアライゼーション設計ツールによるアプリケーションの作成
    • 設計に基づいた適切な集計フィールド、軸、マスター項目の使用
    • アプリケーション内に計算を導入するためのオプションの特定
    • ブックマークとストーリーを構築するステップの適用
    • 公開アプリケーションと非公開アプリケーションの編集機能の区別
    • アプリケーションの表示に関する問題の原因の特定

Qlik Sense データアーキテクト認定

Qlik Sense データアーキテクト認定試験では、データモデルの要件の特定、データモデルの設計と構築、データの検証の能力を評価します。この試験では多肢選択式の問題が 50 問出題され、解答時間は 2 時間です。

    • Qlik Sense で実稼働環境品質の複数のアプリケーションを実際に開発した経験
    • Qlik Sense ロードスクリプトを作成してデータを検証する能力
    • 抽出、変換、ロード (ETL) の基本的な理解
    • さまざまなデータソースへのコネクターの作成と使用
    • Qlik プラットフォームの QVD レイヤーとアーキテクチャの理解
    • データを設計して最適なパフォーマンスを実現する能力
    • SQL およびリレーショナルデータベースに対する習熟
  • データモデルの要件の特定 (試験の 16%)
    • データのロードと更新に関する要件の特定 (階層アーキテクチャ、複数のデータソース、さまざまな更新回数など)
    • 与えられたシナリオにおける、顧客のニーズに合った Qlik Sense 機能の特定 (連想データモデル、マスター項目、ODAG、 GeoAnalytics など)
    • セキュリティ要件に対応するステップの要約
    データモデルの設計 (試験の 28%)
    • 顧客のニーズに適したデータモデル設計の決定
    • 再利用、スケーラビリティ、効率性を優先させる適切なデータモデルの決定 (階層アーキテクチャ、データガバナンスなど)
    • 複雑なシナリオの管理方法の決定 (カレンダー、set 分析、フラグ、関数など)
    データモデルの構築 (試験の 34%)
    • データモデルの作成 (Join、Keep、Resident ロード、where 句、増分ロード、パージ戦略、変数など)
    • 与えられたシナリオにおける、データロードエディターとデータマネージャーによるデータ変換手法の使用
    • セクションアクセスによるセキュリティの管理
    • Qlik コンバーターによる QlikView ドキュメントから Qlik Sense アプリケーションへの移行
    • 適切なデータ接続の使用
    データの検証 (試験の 22%)
    • Qlik Sense ビジュアライゼーションを使用した、ソース情報に基づくデータモデル検証
    • データモデリングの問題の解決 (合成キー、循環参照、スクリプトエラー、デバッグなど)
    • データの問題の解決 (null 値、データのフォーマットなど)

Qlik Sense システム管理者認定

Qlik Sense システム管理者認定試験では、環境の要件の特定、Qlik Sense Enterprise のインストールと設定、環境の管理、監視と解決の能力を評価します。この試験では多肢選択式の問題が 50 問出題され、解答時間は 2 時間です。

    • Microsoft Windows Server ベースの環境での 6 か月以上の管理者経験
    • データとアプリケーションのガバナンス、ライブラリの保守、ユーザーとアプリケーションのセキュリティを目的とした、Qlik Sense サイトと Qlik 管理コンソールの操作経験
    • Qlik Sense サーバーとアプリを実行するポリシーとオプションの管理経験
    • ルールの作成およびビジュアライゼーションストリームの管理経験
    • ネットワークと Active Directory 構成、プロキシ、中間 Web サーバー、ロードバランサーなどの知識
    • Windows ツールおよびログ (イベントビューアー、サービスコンソール、DCOM コンソール、Windows レジストリなど) に対する習熟
    • NSLookUp、Telnet、Ping、NetStat、Fiddler などのブラウザーツールを使って、相互運用性、構成、パフォーマンスなどの問題の解決に取り組んだ経験
  • Qlik Sense 環境の要件の特定 (試験の 14%)
    • 要件に基づいた Qlik Sense 展開の環境オプションの評価
    • 与えられたシナリオにおける、Qlik Sense による必須データソースへのアクセスの確保
    • ネットワークアクセスの構成方法の理解
    • 要件に基づいた正しい認証および承認方法の決定
    Qlik Sense Enterprise のインストールと設定 (試験の 26%)
    • 与えられたシナリオにおける、Qlik Sense へのユーザーアクセスの構成方法の決定
    • ユーザーディレクトリコネクターの構成と同期のスケジュール設定
    • 適切な Qlik Sense プロキシ構成の決定
    • ストリームへのアプリのロードと編成についての意思決定
    • 単一またはマルチノードアーキテクチャの展開方法に対する理解の証明
    • タスクのサポートに必要なスケジューラーのタイプの決定
    環境の管理 (試験の 40%)
    • タスクの構成
    • 与えられたシナリオでの負荷分散構成の決定
    • 与えられたシナリオでのデータコネクターの構成方法の決定
    • コンテンツライブラリの管理
    • 拡張機能のインストールと管理
    • バックアップおよび復元手順の実行
    • アップグレード手順の実行
    • 与えられたシナリオに適したセキュリティルールの決定
    環境の監視と問題解決 (試験の 20%)
    • 与えられたシナリオにおける、Qlik Sense Enterprise 環境の問題解決を目的とした適切な監視ツールまたはログの決定
    • 監査機能の使用
    • 与えられたシナリオにおける、Qlik Sense 環境での問題の根本原因の発見