Back to press-releases

プレス リリース

Qlik、ガートナー社のデータ統合ツール分野のマジック・クアドラント2020年版でチャレンジャーに選出

Qlik®は本日、ガートナー社が発表したデータ統合ツール分野*のマジック

August 20, 2020

フィラデルフィア(2020年8月20日):Qlik®は本日、ガートナー社が発表したデータ統合ツール分野*のマジック・クアドラント2020年版において、チャレンジャーポジションに選ばれたことを発表しました。Qlikがマジック・クアドラントでチャレンジャーに選ばれるのは、今回で5年連続です。このレポートの全文(英語)はこちらのリンクから無料でダウンロードできます。

Qlikの最高製品責任者であるジェームス・フィッシャー(James Fisher)は次のように述べています。「Qlikのデータ統合プラットフォームは、企業内のデータ利用を増やし、組織の価値を向上さるものであると証明されており、企業がデータからインサイトを導き出す能力を向上できるようサポートすることができます。当社の最新のデータ統合プラットフォームは、リアルタイムかつ途切れることのないデータフローを自動化することで、最新の分析、クラウド移行、データレイク管理およびデータ統合戦略を強化します。」

Qlikのデータ統合プラットフォームは、データアナリティクスプラットフォームData Literacy as a Serviceを組み合わせることで、アクティブインテリジェンスへの業界唯一のエンドツーエンドのプラットフォームを提供します。アクティブインテリジェンスは従来の手法とは異なり、データパイプラインの可能性を引き出し、保存されているデータと移動しているデータをまとめ、リアルタイムの最新情報から継続的なインテリジェンスを収集することで迅速な行動を促すように設計されています。これにより、関連データと実用的なデータ(データ統合プラットフォーム)、実用的なデータと実用的なインサイト(データアナリティクスプラットフォーム)、投資と価値(Data Literacy as a Service)のギャップを埋めることができます。

Qlikは、AWSMicrosoft AzureGoogle Cloudなどグローバルなクラウドおよびプラットフォームプロバイダや、SnowflakeDatabricksConfluentなどの企業と提携して、データウェアハウス自動化、データレイク自動化、Kafka/ストリーミング統合を提供しています。また、AccentureやCognizantなどのグローバルシステムインテグレータ とともに事業拡大を続けています。

*ガートナー社、『データ統合ツールのマジック・クアドラント』 2020年8月18日、Ehtisham Zaidi、Eric Thoo、Nick Heudecker、Sharat Menon、Robert Thanaraj

ガートナー社の免責条項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に記載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

クリックテック・ジャパン株式会社およびQlik Technologies Inc.について

クリックテック・ジャパン株式会社は、米国Qlik Technologies Inc.の日本法人です。Qlikのビジョンは、誰もがデータとアナリティクスを使って意思決定を改善し、最も困難な問題を解決できる、データリテラシーの高い世界です。Qlikが提供するエンドツーエンドでリアルタイムなデータ統合と分析のクラウドプラットフォームは、データ、洞察および行動の間に存在するギャップを埋めることを可能にします。データをアクティブインテリジェンスに変換することで、企業はより適切な意思決定を行い、収益ならびに収益性を向上させ、顧客との関係を最適化することができます。 Qlikは世界100カ国以上で事業を展開しており、世界中で5万人以上の顧客にサービスを提供しています。

© 2020 QlikTech International AB. All rights reserved. All company and/or product names may be trade names, trademarks and/or registered trademarks of the respective owners with which they are associated.

Qlik メディア発表

メディア問い合わせ先

Global Communications


Qlik とつながる