データウェアハウスの自動化

データウェアハウスのライフサイクルを加速および簡素化し、迅速にインサイトを獲得

Qlik のデータ統合プラットフォームは、データウェアハウスのライフサイクル全体を自動化して、アナリティクス対応データの可用性を高めます。データエンジニアは、データモデルの作成、新しいリソースの追加、新しいデータマートのプロビジョニングを迅速に実施できるようになります。データウェアハウスの自動化(DWA)が、データモデリングやリアルタイムの取り込みから、データマートおよび統制まで、パイプラインのあらゆるステップで成功を支援します。

俊敏なデータウェアハウスの提供

設計、展開、管理をコードなしで迅速に実施

リアルタイムのデータ取り込みと更新

変更データキャプチャはリアルタイム通信網を提供し、メインフレームや SAP などをはじめとする多種多様なデータベース、データレイクおよびエンタープライズソースから、お使いのデータウェアハウスへのデータの移行を加速します。

  • 変更データキャプチャのストリーム
  • 汎用的な情報元、ターゲット、プラットフォーム
  • 企業全体の監視および制御

継続的な改善を自動化

Qlik は、データウェアハウスの作成と運用を最適化する最新のアプローチを提供します。ベストプラクティスを活用しながら、データウェアハウスの設計、ETL コードの生成、更新の適用をすべて自動化します。これにより、時間、コスト、リスクを大幅に削減しながら、俊敏なデータウェアハウスを提供できます。

  • モデル主導型のインテリジェントなワークフロー
  • 自動化された ETL、フィールドセットおよびデータマートスクリプトの生成
  • 変更管理と伝播の展開

信頼できるエンタープライズ対応データ

データウェアハウス内から組織全体にわたるデータの安全なエンタープライズ規模のカタログを提供します。ビジネスユーザーは単一のデータマーケットプレイスを利用して、あらゆるエンタープライズデータソースを検索、理解、使用してインサイトを得ることができます。

  • スマートに統合されたデータカタログ
  • セキュリティと統制
  • IT 部門とビジネス部門の協業を強化

主要なプラットフォームに対応した Qlik 独自のデータウェアハウスの自動化

QLIK のデータウェアハウスの自動化が信頼される理由

俊敏なデータウェアハウスでビジネスを変革する

リアルタイムデータウェアハウスプロセスの詳細

容易で効率的な変更データキャプチャ(CDC)リアルタイムデータウェアハウスアナリティクスを実現します。Qlik のソリューションは、すべての主要なデータウェアハウスプラットフォームに対してストリーミング変更データキャプチャ(CDC)データウェアハウスの自動化を提供し、既存の ETL/ELT プロセスを補完します。