アナリストレポート

新しい「水」としてのデータ: データとアナリティクスのパイプラインへの投資の重要性

最近の IDC 社の調査では、ビジネス上の意思決定と成果の向上を目的としたData to Insights (D2I) パイプラインの最適化の重要性が明らかになりました。

IDC が最近実施した調査によると、今後 5年間の優先事項として組織のインテリジェンス強化を挙げたエグゼクティブは 87% に上ります。* 今日の経済環境で、組織はデータを単なる貴重な資産ではなく、新しい「水」、つまり生き残る上で不可欠な要素と考え始めているのです。

データの使用とビジネス成功との相関関係を測定するために、IDC 社は 1,200 の組織を対象に世界規模でアンケート調査を実施しました。この調査結果では、データが適切に活用されているほど、ビジネス価値が向上するという関連性が定量化されています。Infobrief 「新しい水としてのデータ:データとアナリティクスのパイプラインへの投資の重要性」の主な内容は次のとおりです。

  • データ管理およびアナリティクスへの投資を成功に導く 3つの指標
  • あらゆるコンポーネントがつながっているData to Insights (D2I) パイプラインを構築する重要性
  • データパイプラインの最適化に関する IDC 社の推奨事項トップ 5

*出典: IDC InfoBrief: 協賛: Qlik、新しい「水」としてのデータ: データとアナリティクスのパイプラインへの投資の重要性、Doc. #US46445920、2020年 6月。

今すぐ Infobrief をダウンロード。

* 必須フィールドを示します
本フォームの送信をもって、Qlik からの電子メールやその他の通知の受け取りに同意したものといたします。なお、当社からのご連絡等が不要な場合は、いつでも情報の受け取り解除をしていただけます。詳細は、Qlik プライバシーポリシーをご確認ください。
本フォームの送信をもって、Qlik からの電子メールやその他の通知の受け取りに同意したものといたします。なお、当社からのご連絡等が不要な場合は、いつでも情報の受け取り解除をしていただけます。詳細は、Qlik プライバシーポリシーをご確認ください。
私は、個人データを送信することにより、Qlik からの電子メールやその他の通知を受け取ることに同意しました。\r\n 私が提供するいかなる情報は、Qlikプライバシーポリシーに従って取り扱われることを理解します。.