熱狂の先にあるもの: アナリティクスで AI から真の価値を得るには

身の回りの製品や日々の行動における人工知能の存在感はますます大きくなっており、その影響は職場のアプリから顧客体験にまでおよんでいます。AI への期待は大きく、そのずば抜けた将来性から、莫大な可能性を秘めていると言われています。しかし現実を見ると、その成果は芳しくありません。一般的な「ブラックボックス」方式では、期待外れの結果が当たり前になっています。

しかしすべてがそうとも限りません。少なくとも、データアナリティクスの世界は例外です。

アナリティクスで AI から真の価値を得るには?拡張知能、つまりマシンインテリジェンスと人間の直観力を組み合わせて、インサイト獲得までの時間を短縮し、思いもよらない新たな発見を見出します。そして、あらゆる役割およびスキルレベルのユーザーのデータリテラシーの向上が必要です。

詳しくは、「熱狂の先にあるもの: アナリティクスで AI から真の価値を得るには」をダウンロードし、以下についてご確認ください。

  • AI に関する誇大広告と現実とのギャップ
  • 拡張知能アプローチの価値
  • アナリティクスにおける AI を評価する上での重要事項