プレス リリース

Qlik、QlikViewの既存顧客向けにQlik Senseとの併用プランの提供を開始

コストパフォーマンスに優れたプランにより、
組織全体にわたるアナリティクス導入がこれまで以上に簡単に

企業と個人のパフォーマンスを妨げるデータリテラシー不足が明らかに

世界的な大規模調査により、ロボティクスとオートメーションの新時代に

Qlik と国連、世界にわたるサステナビリティ活動の 強化に向けて共同アナリティクス・イニシアチブを拡大

5 年間のパートナーシップをさらに延長し、新規・既存のアプリケーションを開発・運用

QlikとC40(世界大都市気候先導グループ)が 提携、東京など世界の大都市の気候変動に対し データ分析で支援

世界的な都市ネットワークの行動に結びつくデータ利用を加速、気候変動のリスクに対処

Qlik、データ主導のエンタープライズに向けたイノベーションを発表

「マルチクラウド」から「オーグメンテッド・インテリジェンス」まで、

Qlik、新たな開発者向けプラットフォーム 「Qlik Core®」を発表

開発者コミュニティへの取り組みを拡大、今後も開発者エコシステムへ投資

Qlik、日本およびアジア太平洋地域の データリテラシーに関する独自調査結果を発表 日本企業のデータリテラシーの欠如が明らかに

• 「データリテラシーに自信がある」と回答したのは、アジア太平洋地域全体では20%に達する一方、日本はわずか6%
• 日本のデータアクセスレベルはアジア太平洋地域内で最も低く、アジア太平洋地域全体で23%が「自社の全員がデータを活用する権限を持ち、データリテラシーがある」と回答する一方、日本では11%に留まる
• 日本の対象者の約半数(48%)が、「職場でデータリテラシーやデータ分析スキルにおけるトレーニングを受けていない、または不十分である」と回答

Qlik、米ガートナー社の「Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms」レポートにおいて、8年連続でリーダーに選出

ビジュアル分析のリーダーであるQlik Technologies Inc. (本社:米国ペンシルベニア州、CEO:マイク・カポネ、以下Qlik)は、2018年2月28日、米ガートナー社の発表した「Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms」レポートにおいて、8年連続で「リーダー」ポジションに選ばれたことを発表しました。

2018年 年頭所感

クリックテック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:北村守、略記:クリックテック)は本日、2018年の年頭所感を以下の通り発表しました。

クリックテック・ジャパン、 カントリーマネージャーに北村 守が就任

ビジュアル分析のリーダーであるQlik Technologies Inc. (本社:米国ペンシルベニア州、CEO:ラース・ビョーク、以下Qlik®)の日本法人である、クリックテック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下クリックテック)は、2017年8月1日付で、北村 守(きたむら まもる)がクリックテックのカントリーマネージャーに就任したことを発表しました。

Qlik、新たに直観型の高度なアナリティクスを実現する「Qlik Sense」最新版を発表

クラウド対応機能、マッピングと地理分析機能、スマート ビジュアライゼーション、高度なアナリティクスとの連携、データ・プレパレーションを強化

メディア問い合わせ先

Global Communications