高付加価値ケアが重視される時代に成功するためのヘルスケアアナリティクス

医療においては、患者により良い治療結果をもたらしながら、最終収益を底上げするという大きなプレッシャーがあります。Qlikは、すべてのデータを統合して解析できるようにすることにより、この複雑なバランスを保つのに必要となる貴重なインサイトを提供し、より迅速に最適な決定を下せるようサポートします。

  • NHS
  • NSW Health
  • Queensland Government
  • Danish Health Authority
  • Jefferson
  • Adventist
  • Children's Healthcare of Atlanta
  • Humana
2500を超える医療機関がQlikを利用して、患者の治療結果を改善させ、コストを削減し、業務を最適化しています
anne_arundel_medical_group_logo
mercy-logo
mercy-health-logo
nsw-health-logo
texas_childrens_hospital_logo

臨床情報を活用して患者の転帰を改善

Qlikは内部データと外部データを1つの場所に統合して、患者や特定の患者集団に対する総合的なビューを提供します。これにより、健康問題に陥りやすい人たちにターゲットを絞って対応できます。しかもこれを通常のワークフローで処理できます。プログラムの成果および救急診療部、手術室、放射線科、研究部などの各医療分野部門で何が生じているのか 、何が生じていないのかを把握できます。

EHRのワークフローにアナリティクスを組み込む

EHRに組み込まれた見やすいビューで、ヘルスプロファイルやコミュニティデータ全体を表示できます。詳細を絞り込むと、患者の状態や履歴を全体的に把握できます。

プロセスを合理化して一貫性を促進

データを使用すると臨床リソースとプロセスを標準化し、品質を向上させ、コストを削減できます。米国のある医療機関がデータを活用して肺炎による再入院を21%減らした方法を、ぜひご覧ください。

新たな疑問や問題に対応する

Qlikの使いやすいアナリティクスプラットフォームにより、臨床医は通常のワークフローにおいてデータを分析し、患者の転帰を改善する要素を見つけることができます。

医療の質を改善

患者ケアを分析して非効率な部分を明らかにすることにより、治療結果を改善し、入院期間を短縮し、患者の満足度を向上させるよう変更を行えます。

アナリティクスをEHRのワークフローに直接組み込む

EHRには患者の重要な情報が含まれています。Qlikを使うと、CernerまたはEpicワークフローでデータを直接扱って、患者ケアや患者コミュニティ集団についてデータ主導型の適切な決定を迅速に下すことができます。UPMCのChildren’s Hospital of Pittsburghは、QlikをCernerに組み込むことにより、非効率な部分を減らし、ケアのプロセスを標準化することができました。何百万行ものデータに対するアップデートをほぼリアルタイムで実行した、その方法をご覧ください。

付加価値ベースのケアの財務面でのバランスを保つ

患者の治療結果を改善しながらコストを最小限に抑えるのは、複雑な方程式が必要だと言えます。Qlikは、医療機関が患者の治療結果を向上させながら、コストを削減して支払いを最適化するための新たな方法を明らかにするのに役立ちます。財務データと臨床データを統合することにより、過剰なサービスおよびケアの不足を解消し、診療報酬を迅速化する新たな方法を見つけて、請求拒否の割合を削減できます。

予防的ケアの情報提供と改善

EHRには社会的決定要因のデータが直接格納されているため、リスク要因の大きい患者を特定して健康問題を避けるのに役立ちます。

データを活用した患者集団の管理

データ主導型の意思決定を行い、取り組みを計測することにより、患者集団に対して高品質で低コストのケアを確保できます。

ケアのギャップを埋めるための貴重なインサイトを明らかにする

データソースを統合し、リスクモデルを構築することにより、医師やケアコーディネーターは過小診断または診断未確定の患者を特定できます。

患者集団の健康のビジュアル化

社会的決定要因や地理空間データを活用して、リスク要因の大きい患者を特定し、問題を予防して、治療結果を向上できます。

よりスマートな管理。よりスムーズな業務。

医療の現場では、ボトルネックやバックログは避けなければなりません。Qlikはさまざまなデータを結び合わせることにより、無駄をなくし、各種プロセスを合理化して、ケアの提供を向上させることができます。患者のこれまでの治療と、それが各種の業務機能とどのように交差しているか、また臨床および財務面での影響がどのぐらいあるかをより深く把握できます。

患者の治療の過程を合理化する

任意のリソースからの膨大なデータを分析し、ケアをビジュアル化して、使用するリソースを減らしながら患者の流れを合理化します。それを実践している医療機関の例をご覧ください。

業務の非効率な部分を排除する

スタッフ全員にデータ活用を促すことにより、救急診療部、手術室、放射線科、研究部などの分野で非効率な部分を削減し、最終的な利益に還元する方法を見つけることができます。

従業員の生産性を強化

データを活用することにより、労働力をより効果的に管理して、AP、IT、HRといった機能分野で効率性を向上できます。その方法についてご確認ください。

医療機関向けのアナリティクスソリューションの詳細をご覧ください