第 3 世代 BI: データに眠るあらゆる可能性を解き放つ

あらゆるデータに膨大な価値が眠っています。しかし数十年の間、その価値のほとんどが放置されていました。複雑さ、技術的制約、ボトルネック、スキル不足のため、インサイトを掘り起こすことができないだけでなく、ビジネスユーザーはアナリティクスを自由に活用できませんでした。

しかし、第 3 世代の BI によってこの状況が変わろうとしています。

「第 3 世代 BI: データに眠るあらゆる可能性を解き放つ」では、Qlik のきわめて独創的な BI アプローチによって、データ主導型の変革が持つ真の威力がついに解き放たれ、組織内のすべてのユーザーが本当の意味での探索を実行できるようになった状況を解説します。この環境は次の変化によって実現しました。

1.データの民主化: すべてのユーザーが、統制された、アナリティクス対応の全社的な情報カタログを通じて、あらゆるデータやデータの組み合わせにアクセスできます。

2.連想インデクシング x AI(拡張知能) = AI2: Qlik は機械学習の能力と人間の直観を組み合わせ、新しいインサイトを推奨してユーザーのさらなる調査を促すことで、スピーディな探索を可能にし、データ リテラシーと信頼性を強化します。

3.エッジから最高幹部まで役立つ組み込み型アナリティクス: エッジデバイスからコアアプリまで、アナリティクスは意思決定の一部となり、日常のビジネスプロセスの流れになります。