SAP GDPRコンプライアンス

一般データ保護規則 (GDPR) は、2018年に欧州連合 (EU) の市民を対象に開始され、企業によるデータ管理手順の見直しを促しています。Qlikソリューションは、特に SAP環境で、GDPRコンプライアンスへの取り組みを支援します。

Non-production SAP environments

非実稼働SAP環境

実稼働データを単純に「そのまま」コピーすることはできません。GDPR の規制として、PII の使用制限の権利が新しく導入されました。実稼働データが開発、テスト、またはユーザートレーニングの目的で使用される場合、データマネージャーは、すべての PII に匿名化手法を適用する必要があります。また、このプロセスは不可逆でなければなりません。

Reduced risk of non-compliant PII usage

PII使用コンプライアンス違反リスクの低減

Qlik Gold Client (以前の Attunity Gold Client) for Data Protection は、複数の方法でこうした課題に対処します。

  • 正確に定義されたデータサブセットを SAP環境全体にレプリケートします。
  • すべてのコアSAPモジュールおよび業界固有の SAPモジュールで、匿名化手順を同期します。
  • 匿名化プロセスはリバースエンジニアリングできません。
  • PII を消去および難読化して「忘れられる権利」を保障します。
  • これらの手順を簡単に報告して、GDPRコンプライアンスを実証します。
Powerful data masking

強力なデータマスキング

Qlik Gold Client for Data Protectionには、データマスキングを使用して PIIデータを保護するためのオプションが複数用意されています。実稼働データが非実稼働環境にレプリケートされるとき、データマスキングによって一連のルールが適用され、データに「スクランブル」がかけられます。

  • 動的マスキング: データの移動中に使用されます。
  • 静的マスキング: スクランブルがかけられたことがない非実稼働SAP環境に、スクランブルルールを適用するときに使用されます。

Qlikデータマスキングプロセスをリバースエンジニアリングして、元のソースデータを再作成することはできません。

Enforce “Right to Be Forgotten”

「忘れられる権利」の保障

忘れられる権利は、GDPR でも保障することが非常に困難な権利の 1つですが、Qlik Gold Client for Data Protectionの参照整合性により、システムから顧客データがパージされると、その PIIデータのすべてのインスタンスが、すべての SAP環境から確実に削除されます。

Confidence of certification

認定によって得られる安心

専門知識は Qlik のような SAP認定パートナーのみが提供できるものです。安心してご活用ください。

特長:

  • SAPデータ管理のリーダー (1998年から)
  • SAPソフトウェアソリューションおよび技術パートナー
  • SAP認定"

Qlik Gold Client for Data Protectionの詳細をご確認ください。