Back to press-releases

プレス リリース

Qlik、米ガートナー社の「アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラント」において、10年連続でリーダーに選出

 

February 13, 2020

フィラデルフィア発(2020年2月13日)Qlik Technologies Inc(本社:米国ペンシルベニア、CEO:マイク・カポネ、以下Qlik®)は本日、ガートナー社により、アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラントのリーダーポジションに選定された*ことを発表しました。これによりQlikは、10年連続でリーダーに認定され、また2006年以降この分野のガートナー・マジック・クアドラントに選出され続けてきたことになります。このレポート全文は、https://www.qlik.com/GartnerMQ2020からダウンロードできます。

*Gartner ”Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms”、James Richardson、Rita L. Sallam、Kurt Schlegel、Austin Kronz、Julian Sun、2020年2月11日

QlikのCEO、マイク・カポネ(Mike Capone)は次のように述べています。「Qlikは、ローデータをリアルタイムのインサイトおよびアクションにつなげるあらゆる機能を提供することで、お客様がデータを利活用してビジネスの価値を高める支援をしています。当社の収益は向上を続けており、その好調な実績により、データ統合、AIによるインサイトの獲得、会話型アナリティクスといったエンドツーエンドのプラットフォームへの投資が可能となりました。先ごろRoxAIを買収して迅速な意思決定を可能にする自動インテリジェントアラート機能を提供するなど、あらゆる企業がデータの価値を高めることのできる機能への投資を続けています」

最先端のデータアナリティクスには、データ準備と統合に始まり、カタログ化、AI主導のインサイト、またデータドリブンなアクションの共有から実行まで、ワークフロー全体が含まれます。企業は、Qlik独自のエンドツーエンドのデータ統合およびアナリティクスプラットフォームを利用して、ビジネスにおけるデータの価値を高めています。これによりデータおよびアナリティクスパイプライン全体のあらゆる時点で価値が生み出されます。

  • Qlik Data Intergrationは、迅速なデータストリーミング、データウェアハウスの自動化、およびデータレイク作成を通じて、アナリティクス対応データの検索や可用性を強化します。
  • Qlik Data Catalyst®ではデータの質を高めカタログ化できるため、ビジネスユーザーは高度に管理された方法でシームレスにデータを利用可能になります。
  • Qlik Sense®は、独自の連想アナリティクスエンジンや高度なAI、拡張性の高いマルチクラウドアーキテクチャを備え、最先端のアナリティクスの基準となります。
  • Qlik Insight Bot™は、会話型アナリティクスにより、ユーザーのワークフロー内データ検索能力を高めます。
  • 先ごろ買収したRoxAIおよびそのPing インテリジェントアラートソフトウェアにより、いつでもどこにいても事業を成功に導くための迅速でデータドリブンなインサイトを引き出すことが可能になります。

Qlikが提供する業界唯一のエンドツーエンドデータ統合およびアナリティクスプラットフォームと、堅牢性の高いSaaSアナリティクス製品シリーズにより、すべての従業員によるエンタープライズデータへのアクセスおよび利用が可能になります。

Nationwide Building SocietyのBusiness Intelligence、Visualization and Reporting、Data Analytics担当ディレクター、ポール・フレンチ(Paul French)氏は次のように述べています。「データは私たちのDNAであり、従業員の毎日の業務にとって不可欠なものです。従業員に正しい情報を提供すること、それにより自信をもって意思決定できるようにすることが重要です。Qlikは、多様なデータを統合し、部門の垣根を取り払い、データの価値を高めることが実証されています。データをさらに可視化し、より直感的に利用できるようにすることで、私たちの従業員はさまざまなプロセスで新たなインサイトを獲得し、効率性を高め、データ主導型の文化を育んでいます」

Qlikは先ごろ、業界初のデータリテラシーコンサルティングサービスおよびシグネチャーサービスを始め、企業がData Literacy as a Service(サービスとしてのデータリテラシー)アプローチを採用してデータ駆動型文化を構築するサポートを開始しました。Data Literacy as a Serviceは、顧客の成功を目指し、優れた分析テクノロジーとプロセス、包括的かつ継続的な特定の製品にとらわれないデータリテラシー定着プログラムを通しての人材価値、24時間365日のエンタープライズサポート基盤を持つミッションクリティカルなアナリティクスの3つの要素の最適化により、データに基づいた組織文化の構築を促進します。

ガートナー社免責事項
ガートナー社は、リサーチによる発行物に記載されたいずれかのベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではありません。また、テクノロジーユーザーに対して、最高の評価またはその他の評価を得たベンダーのみを選択するよう助言するものでもありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナー社のリサーチ部門による見解を示すものであり、事実の記述として解釈すべきではありません。ガートナー社は、明示的または暗示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、本リサーチに関して一切の責任を負いません。

クリックテック・ジャパン株式会社およびQlik Technologies Inc.について

クリックテック・ジャパン株式会社は、米国Qlik Technologies Inc.の日本法人です。Qlik®は、高度なデータリテラシーを備えた社会の実現を通して誰もが困難な課題を解決するというミッションの下、スキルレベル、データの保存場所に関係なくあらゆる人々が新しい洞察を得ることができる、独自のエンドツーエンドのデータ管理および分析プラットフォームを提供しています。Qlikは、企業における顧客行動のさらなる理解、新たなビジネスプロセスの考察、新たな収益源の発掘、リスクと利益の調和の実現を支援します。Qlikは、世界100ヶ国以上でビジネスを展開し、50,000社以上のお客様にご利用いただいています。

© 2020 QlikTech International AB. All rights reserved. All product and company names are trademarks™ or registered® trademarks of their respective holders.

The information provided herein is subject to change without notice. In addition, the development, release and timing of any product or functionality described herein remain at the sole discretion of Qlik and should not be relied upon in making a purchasing decision, nor as a representation, warranty or commitment to deliver specific products or functionality in the future.

Qlik メディア発表

メディア問い合わせ先

Global Communications


Qlik とつながる