Back to press-releases

プレス リリース

Qlik、Data Ingestion Networkに参加し、Databricksとの提携を強化

 

February 24, 2020

フィラデルフィア発(2020年2月24日):Qlik Technologies Inc(本社:米国ペンシルベニア、CEO:マイク・カポネ、以下Qlik®)は本日、Databricksが立ち上げたData Ingestion Networkに参加し、同社との提携をさらに強化したことを発表しました。これにより、拡張性と信頼性に優れたデータレイクを実現するためのオープンソースプロジェクトであるDelta Lakeへのデータ取り込みにQlikのデータ統合プラットフォームを活用し、アナリティクスおよび機械学習(ML)の領域におけるレイクハウス(lakehouse)を、迅速に生成することができます。なおレイクハウスとは、データレイクとデータウェアハウスの要素を組み合わせたデータ管理の新しいパラダイムであり、レイクハウスにより、あらゆるビジネスデータのビジネスインテリジェンス(BI)および MLでの処理が実現します。

Qlikのテクノロジーアライアンス部門シニアバイスプレジデント、イタマール・アンコリオン(Itamar Ankorion)は次のように述べています。「DatabricksのData Ingestion Networkに、そのスタート時からパートナーとして参加できることを嬉しく思います。両社の提携がさらに緊密化したことで、クラウド上のデータからビジネスに資する価値を生み出すための期間を短縮することが可能になりました。Databricksのお客様は、将来のターゲット実現に向けデータプラットフォームを進化させるための最適かつ最新のデータ統合戦略を活用でき、企業内のあらゆるデータソースからDelta Lakeへ、シームレスにデータを取り込むができます」

QlikとDatabricksは統合ソリューションおよび価値あるサービスを協力して提供し、企業のクラウド利用を加速させてきました。Qlik のデータ統合プラットフォームとDelta Lakeという最高の組み合わせにより、メインフレーム、SAP、データベース、およびデータウェアハウスなどあらゆるデータソースからクラウドへ、データをリアルタイムで自動的に流し込むことができます。分析可能な形式になったデータセットを利用してアナリティクスやMLを迅速化し、データの価値を短時間で獲得できます。クラウドにおける最大限の効率性、拡張性、およびコスト削減が実現します。

Databricksのビジネスデベロップメント&パートナー部門シニアバイスプレジデント、マイケル・ホフ(Michael Hoff)氏は次のように述べています。「DatabricksのData Ingestion Networkを立ち上げるにあたり、Qlikが主要パートナーとして加わってくれたことを嬉しく思います。Qlik のデータ統合プラットフォームにより、業界トップクラスのデータ統合ソリューションを利用し、すべてのデータをレイクハウスに送ることが可能になります。BIおよびMLを使用するために、アナリティクス対応のリアルタイムデータをDelta Lakeに直接かつ簡単に取り込めることのメリットを、実感していただけます」

クリックテック・ジャパン株式会社およびQlik Technologies Inc.について

クリックテック・ジャパン株式会社は、米国Qlik Technologies Inc.の日本法人です。Qlik®は、高度なデータリテラシーを備えた社会の実現を通して誰もが困難な課題を解決するというミッションの下、スキルレベル、データの保存場所に関係なくあらゆる人々が新しい洞察を得ることができる、独自のエンドツーエンドのデータ管理および分析プラットフォームを提供しています。Qlikは、企業における顧客行動のさらなる理解、新たなビジネスプロセスの考察、新たな収益源の発掘、リスクと利益の調和の実現を支援します。Qlikは、世界100ヶ国以上でビジネスを展開し、50,000社以上のお客様にご利用いただいています。

© 2020 QlikTech International AB. All rights reserved. All company and/or product names may be trade names, trademarks and/or registered trademarks of the respective owners with which they are associated.

The information provided herein is subject to change without notice. In addition, the development, release and timing of any product or functionality described herein remain at the sole discretion of Qlik and should not be relied upon in making a purchasing decision, nor as a representation, warranty or commitment to deliver specific products or functionality in the future.

Qlik メディア発表

メディア問い合わせ先

Global Communications


Qlik とつながる